どんなデザインの婚約指輪があるの?

基本のデザインについて

ダイヤモンドがもっている美しさが際立つ、婚約指輪の中でも基本的なデザインなのがラウンドです。飽きがこないシンプルなデザインは、長年愛されています。 次にS字のウェーブを描いているデザインをオースといいます。ダイヤモンドを中心に愛する二人が重なり合っているデザインとなっており、永遠の絆の象徴を表しています。 センターダイヤモンドが中心となって、アームにダイヤモンドが敷き詰められているデザインをエタニティといいます。リング半周がダイヤモンドで敷き詰められているサイズ直しができるタイプをハーフエタニティリング、全周を敷き詰めたものをフルエタニティリングといいます。マリッジリングと、重ねづけしやすいのが特徴です。

デザインのアレンジについて

婚約指輪は基本的なデザインを、アレンジすることができます。まずリングアームの造形ですが大部分を占めている箇所なので、ここをアレンジすることで婚約指輪の印象は大きく変わります。リングアームを曲線にアレンジしたり、ミル打ちをすることで表情を出すなどいろいろな方法があります。 次にサイドダイヤモンドのセッティングするアレンジ方法もあります。センターダイヤモンドの同列にサイドストーンをあしらう、配列を斜めにするといったアレンジが可能です。 ダイヤモンドをどうセッティングするかも、重要です。主流となっている複数の爪を使う立て爪、爪の代わりに地金でダイヤモンドを囲って台を作るベゼルセッティングなどがあります。